今年の猛暑の中開催された甲子園大会に感じる事

今年の暑さは災害であると気象庁の会見がある中、100回記念大会に当たる甲子園野球大会は猛暑の中開催されました。連日の熱戦は例年通り暑さを堪えて戦っていますし、応援席も同様です。熱中症の被害はないようですが、35度を超えるようですと当面の暑さ対策だけでは難しいかも知れません。
予選の段階では猛暑日が続き熱中症の投手も出ていました。バラエティ番組ではこの暑さのなかでの甲子園開催に否定的な意見が出て、どうしたら良いか議論が盛んに行われれました。ドーム球場に変更したらよいという意見は当然出ましたが、今大会には間に合いそうもありませんでした。
結論としては甲子園球場で開催される事にみんな意義を感じるので、暑さ対策を徹底しさえれば何とかなるというものでした。確かに選手は甲子園目指している訳ですから当然と思えました。  
しかし、問題は今年は乗り越えても将来の暑さはもっと激しいものになると予想されることです。そうしたら甲子園球場に固執する訳にはいかないでしょう。
考えられる解決策は甲子園球場のドーム化しかありません。ここは全国的に寄付を募り募金で賄えないでしょうか。